がん保険が支払われるまでの流れ

がん保険と医療保険は特徴が全く異なりますので、がん保険と医療保険はどのような違いがあるかを把握しておきましょう。

医療保険は様々な病気や怪我など様々な状況に応じて支払われますが、がん保険はがんに特化しているので他の病気や怪我には対応をしません。
これは欠点ではないか?と思ってしまう人もいますが、がんに特化しているので、がんと診断されたら様々なポイントで給付金が支払われます。

がんになったら請求をします。
請求をする場合保険会社への連絡は電話連絡が一般的でしたが、最近ではインターネットの普及に伴ってネットからの請求もすることができます。
自分が請求しやすい方法でがん保険の請求をするようにしてください。

専用の申込用紙に必要事項を明記してから必要書類を郵送で返送します。
請求の連絡をする場合は保険証券やがんの状況や治療の状況を連絡するようにしましょう。

書類が保険会社に届いたらスタッフが契約内容をチェックして問題ないか確認してから給付金、保険金を加入者が指定した口座へ振り込んできれます。

多くの保険会社で書類が届いてから1週間以内で口座に振り込んでくれます。
もし分からなければ保険会社のスタッフが親身になってアドバイスをしてくれます。